戦うOLみなFX日記

FXの記録と忘備録。私の成長記録が誰かの役に立つといいなと思います。

6月11日 夜の部 2連勝

f:id:hamiex:20210611220714p:plain

5分足

 

先程からの続き

3パラボリックで20時、21時台、

結構、もみ合いの価格帯で4時間足マイナス1シグマの戦い。

 

もみあいが酷くてナンピン必須。

 

3パラボリック手法は結構な値幅のナンピンをすればわりと

良い感じになる。

積み増しは難しい。

 

損切ライン手前でナンピンを入れられるくらいの余裕を持つと良さそう。

6月11日 休日 前半3連勝

f:id:hamiex:20210611194345p:plain

5分足

 

休日。

昼間に上昇していたのでちょっとだけスキャル。

ナンピンで逃げ。

 

今日は休日だったので17時少し前からチャートを見る。

16時までの流れは上げだけど、

4時間足のパラボリックが視界に入っているので

17時から下げるとみて

15分足のパラボリック点灯したところでエントリー

案の定下げ。

日足5MA手前で利確。

ドンピシャ。

 

いろいろアイロンかけとかしていたら

18時過ぎてしまう。

パラボリック5分足3点目くらいでエントリー

1890キリバン手前で利確、これもドンピシャ。

 

20時まではチャンスがないとみて前半は終了。

 

ましろ君の動画。

時間帯の分析が秀逸なので貼っておく。

https://www.youtube.com/watch?v=F8-Vl7fsr4g

6月10日 3連勝 スピード勝負

f:id:hamiex:20210611000607p:plain

5分足

 

昨日負けて反省している間に寝てしまい、

日誌が書けなかったけど

それなりに実りのある負けになって良かった。

 

本日は実質4連勝なんだけど、

早すぎてプロコンがついてこれないという事態が発生。

-21.9のところは+20くらいで利確できている。

下げる勢いが強くて一瞬の事だったので

プロコンがバグってしまっている。

 

そして、次の上げ。

これはもう買ってもいいだろうと買ったところで

プロコンのストップ20に引っ掛かり

損切になったので慌てて買いなおし

取り戻し。

 

ゴールドでプロコン入れるときは設定を変えておかないと。

 

スピード勝負なので細かく取っておくのが吉。

 

21時半は指標があったので

本来はやらないでいいんだけど。

 

とりあえず本日は50%回復。

 

結局、損切さえすれば戻せるので

トレードヴューでフルレバで100%で損切利になる方が

ゼロカットよりはずっといいだろう。

 

そして昨日の失敗トレードで勉強したのは

軸は4時間にするべき。

 

1時間ではだましがある。

 

トレードチャンスは減るけど

確実性を取るべき。

6月8日 1勝一敗 乱高下

f:id:hamiex:20210609042939p:plain

f:id:hamiex:20210609042959p:plain

f:id:hamiex:20210609043016p:plain

パラボリック

移動平均線

下トレンドライン

 

18時半くらいにチャートを見始める。

 

パラボリックPOでエントリー

パラボリックが効かない。

 

反対のパラボリック(5分、15分)点灯で損切、ドテン

 

損切したので利を少し伸ばそうと思って、

寝落ちしてしまったら

キリバン手前に置いていたストップにかかり利確。

 

そのあとのチャートをみると酷い乱高下。

トレンドラインも移動平均線もストキャMACDもグチャグチャ。

死人がいっぱい出ただろう。

 

4h1シグマの乱高下なのでボリバン使いにとっては美味しかったかな。

 

とりあえず本日取り戻したとはいえ

負けたので反省せねば。

 

まず。MACDが真ん中にあった。

ダブルボトム程度しか下落が見込めない時はブレイクを待つべき。

シェフが反転していない。

 

ちょっと考えればエントリーしないところ。

 

こういう3パラボリックだけで安易なエントリーを減らすこと。

 

通常の日で3パラボリックが負けたのは初めて。

 

休場の日などを含めると3回目。

 

1.MACDの位置、シェフ、17時に底を打った可能性、をよく考えれば回避できた。

2.利を伸ばそうとし過ぎて反転してしまった。

3.アメリカ、イギリスの休場を見逃した。

 

これが今のところ負けパターン。

 

今日は難しかった。

こういう日はやらないに限る。

 

 

6月7日 スキャルピング 3連勝

f:id:hamiex:20210608031617p:plain

f:id:hamiex:20210608031638p:plain

f:id:hamiex:20210608031740p:plain

f:id:hamiex:20210608031757p:plain

1.パラボリック
2.ウォルフ波

3.トレンドライン

4.移動平均線

 

どれも素晴らしいチャートになっている。

 

手法を探し過ぎて絞れなくなってきてしまった。

 

オシレーターだけでは無理と思ってから

メインチャートで使える手法を探していたら

こんなことになっている。

 

ウォルフ波は素晴らしい反転を捉えている。

パラボリックは堅実なトレンドを捉えている。

トレンドラインは押し目をピンポイントに捉えている。

移動平均線押し目を幅広く捉えている。

 

MACDとストキャは無難な利確ポイントを教えてくれる。

シャフは細かいスキャルの入り場を探すのにちょうどいい。

 

これだけのバリエーションがある。

 

今日は調子が良いわけではなかった。

18時からチャートを見ていたが、4時間足マイナス1シグマあたりの

狭いレンジでどっちに行くかわからない。

ウォルフ波は決まっていたので

上に行くだろうと思ったけど

パラボリックの1時間足点灯は遠かった。

 

ルール通りでいくと3方向に揃ってからなので

エントリーはしない。

 

がっつりと居眠りしてしまった。

気が付くと22時くらい。

乱高下している。

 

パラボリック3方向点灯したが

激しい時間なのでエントリーしない。

 

結局お風呂に入って

23時過ぎにエントリー。

 

17pくらいのスキャルで3回も抜けた。

 

トレンドを全部まるっと取ろうとするよりも簡単だし

ストレスが少ない。

 

パラボリック3方向が揃っている時は

含み損になっても戻ることが多い。

 

しかし含み損は辛いので

18pくらいでサクッと終わって

下げたらまた入りなおした方が

全然ストレスがかからないことに気が付いた。

 

以前だったらオーバートレードになるところだけど

これだけのチャートをみていると

根拠のないエントリーはしなくなるし、

4時間足をみていると辞め時がわかる。

 

主軸はパラボリック

方向性はウォルフ波

何度も押し目を拾う時は

移動平均線、トレンドライン、シェフを駆使して

利確はMACDとストキャ。

 

基本的にはストキャとMACDをエントリーに使うのは止めるけど

エントリー時の方向性を見るときは使う。

 

そしてエントリー前のシートは必須。

記入して気が付くことが多くある。

 

他人の予想は殆ど意味がない。

意味があるのはチャートのみ。

 

まだまだ使える手法はありそうだけど

まだ資金力がなくスキャルしか出来ないので

(まだデモだし)

とりあえず資金力がついてから

スイングに移行すればかなり楽が出来るだろうから

スキャルは難しいけど頑張らねば。

 

突き抜けるのはこれしかない。

 

6月3日 ADP雇用 大暴落 利が伸ばせない

f:id:hamiex:20210604010148p:plain

f:id:hamiex:20210604010202p:plain

f:id:hamiex:20210604010219p:plain

上 パラボリック

中 グランビル

下 ボリバン MACD

 

300P以上の大暴落。

デモなので、まああまりトキメキもないのだけど。

 

しかし。。。利が伸ばせない。

ホント、20時台でショート入っていたのに。

長期では上目線だったのでブレイクしてこないだろうと思っていて

指標前に超チキン利食い

 

そのあと暴落を眺めながら超スキャルピング

 

300pも落ちていく過程だと

20pくらいは簡単にスキャルできる。

けど普段は厳禁の追っかけショートだった。

そして最後にリバウンドしてからの

パラボリック順張りでショートしたけど

0時も過ぎていたので全然伸びずに微益利確。

 

利確は超へたくそでもショートしていれば負けない感じの日。

 

いま、いろいろと試行錯誤しているチャートを見比べてみる。

 

方向性はパラボリックで見る。

エントリーはグランビルの法則を気にしつつ。

基本はパラボリック点灯後入りどころをちゃんと探す。

 

結局はすぐに入って含み損に耐えることが多いので

それを何とかなくしたい。

 

おいて行かれるのが嫌ですぐに入ってしまうけど、

ショートが点灯したら一段上のライン。

ロングが点灯したら一段下のライン。

もっと慎重にいくなら、サインの位置から逆行して戻って抜いたところで

エントリーが良いだろう。

勢いがあるとおいて行かれるけど、

ここまで圧倒的に含み損に耐える方が多い気がする。

戻ってくることがほとんどだけど、

本当にどうしようもないレンジだと戻ってこないこともあるので

もっとエントリーの精度を高めたい。

 

そして利食い

おいていかれたと思ったらボリバンを頼るしかない。

利確はボリバン見るのが良いかも知れない。

 

結局、オシレーターはこういう時は使えない。

 

見るべきものがすごく増えて来たけど

上手く使えるようになりたいな。

 

軸をどこに置くかといえば

一番はパラボリック

そこをしばらく検証してみよう。

 

とりあえず再度カウントを始めるので

本日は1勝とカウントする。

 

6月2日 集中力切れ

f:id:hamiex:20210603021202p:plain

5分足

 

20時くらいにエントリーチャンスがあったけど、

居眠りしてしまった。

 

一日に一回しかないチャンスなので

まだ来ないからと言って寝てはいけない。

 

といっても夏は眠い。

 

寝起きのトレードは最悪になることが多いけど

疲れて帰ってからの集中のなさも酷い。

 

クーラーをそろそろ入れないといけないかな。

 

そこはケチらないようにしよう。

 

また優秀なインジを見つけてしまったので

入れてみたけど、優秀だ。

 

しかし、いまのパラボリックも優秀。

 

とにかく利確を早めにすることを徹底すれば負けない。

 

さてどうするべきか。

 

グランビルの法則のインジも見つけてしまった。

チャートが矢印だらけになるから、ちょっと整理しないといけない。。。。

5月28日 新チャート4連勝

f:id:hamiex:20210528235342p:plain

f:id:hamiex:20210528235405p:plain 上トレード時5分足

下トレード後5分足

 

18時にチャートを見るとダウントレンドゾーン中。

5分足のパラボリックでストキャの位置がちょっと下過ぎるな、と思ったけど

2回に分けてのエントリーで入るつもりでとりあえずイン。

昨日と同じパターンだ。

 

案の定、20p逆行されて200MAまで戻される。

二回目の200MAチャレンジで2ポジ目追加。

最初のポジをプラ転したくらいで利確、

追加ポジを25まで伸ばしたけど戻されて16pで利確。

利確は満点ではないけど利確はした方がいいので良かった。

 

20時過ぎ再度パラボリックでエントリー。

レンジを作りながら落ちていく。

値幅は小さいけど、「これはストンと落ちるな。」と思える形。

5pくらいで利確したくなるのを我慢したら

すとんと足一本で50p落ちた。

4H50MAで利確。

100点満点の利確だった。

 

本日2連勝。

 

そして2枚目のチャートがその後。

 

こんなの取れるかい。

というくらい反発してムーンしていった。

 

ホントにモンストゾーンは使える。

ゾーンに逆らわないことをっ徹底できるので

逆張りを狙わなくなった。

 

こんなの往復ビンタでやられるしかないような動きで

ゾーンがなければ取れなかった。

有難い。

 

今日の反省は

18時台のエントリーはストキャの形が決まるまで待つべき。

 

もしいかれてしまったらやらなければよいのだ。

 

無理してはやらない。

やってやってもいいよ、でやること。

 

 

5月27日 新チャート2連勝 

f:id:hamiex:20210527232211p:plain

5分足。

 

これは今までの私のテイストとは全く違うチャートの色使いになってしまった。

 

というのも新しく採用したモンストゾーンがなんと色の変更が出来ないのだ。

仕方なく黒バックでトレード出来るように組みなおした。

 

しかしモンストゾーンは中々秀逸。

 

本来の使い方や矢印は省いて

ゾーンの切り替わりだけ見ている。

 

とあるブログに書いてあったことが採用のきっかけになった。

 

ロジックはブラックボックスだがだいたいの検討はついて

3本移動平均線のパーフェクトオーダーというシンプルなロジックらしい。

 

3本のパーフェクトオーダーはエントリーが遅くなるけれど、

逆らっては絶対に、絶対にいけないものの一つだ。

1時間に設定しなおしたので

1Hのパーフェクトオーダーに逆らうなんて自殺行為だ。

 

さすがに逆張りはしにくい。

 

3つのパラボリックが揃うのを待たなくても

ゾーンの切り替わり+5分足のパラボリックでエントリー

MAXMTFTの日足の5MAで利確。

これも目線を分ける超重要ラインだ。

 

さすがにブレイクを狙うより一旦は利確するべきと思い、

引っ張るべきではないと判断できた。

ドンピシャだった。

 

すごく見にくいようで

ひとつも外すことの出来ないチャートになったと思う。

 

20のボリバンさえ外したけど、

50で充分だ。

 

200BBも外したけど、

利確のラインは移動平均線オシレーターで見れる。

 

一見ガチャついているけどシンプルにしたつもりだ。

 

とりあえず、このまま10連勝目指す。

5月19日 0点 見せしめのために貼る

f:id:hamiex:20210519233312p:plain

5分足。

 

さて。このマイナスは一体どうしたものか。。。

 

最悪のトレード。

逆張りの癖が抜けていない。

 

MACDが使えない相場になっている気がする。

連日効いていない。

 

トレンドが強いのだ。

 

しかもNY時間はやっぱり難しい。

上下しながら動くので損切が出来なかった。

 

よく見て欲しい。

パラボリック逆張りは最悪だ。

 

変に上位時間足を意識するので

「この辺から下がるだろう」とか

「ここから上がるだろう。」という値ごろ感が働く。

 

しかも今日はFOMCだった。

5月18日 やらないという正解 60点

f:id:hamiex:20210519030504p:plain

f:id:hamiex:20210519030528p:plain

上5分足19時まで

下5分足その後

 

19時に底ついた形発生。

しかし1時間足以下、パラボリックはした目線。

ロングで入るとしたら4時間足だけが頼りになるが

4時間足も下がりそう。

 

MACDはそろそろ底だからロングと言っているが

ナナパタはよくわからない、見たことのあまりない形

レンジだろうけど

たぶん19時以降も下がるとみて

仮眠に入ってしまった。

 

22時過ぎに再度チャートをみると

酷いチャートになっていた。

こういう日にやってはいけない。

23時過ぎに落ち着いたところで

底ついた形発生でロング。

 

怖いから2ポジで入ったら

利確失敗して含み損に耐える時間が長かった。

 

しかし底はついたなと思っていたのと

安値更新はしなさそうだったので

損切せず無事に微益で利確。

 

200MAがほぼ真横に伸びるレンジ相場

 

しばらく続くかも知れないが

気をつけるのは安値S、高値L

ブレイクは狙わない。

常にMADCの位置に気をつけて

反発からの1シグマ超えを狙っていくこと。

 

なぜ1シグマ超えかというと

1シグマ超えていないとさらに安値更新することが多いけど、

1シグマ超えているとマイナス1シグマ割っても

安値で止まることが多い。

 

もちろん絶対ではないので割ったら損切。

 

利確は200MA付近ではした方がいい。

レンジ相場はブレイクは狙わない事。

 

次にトレンドがでると思われるのは

4時間足がパラボリックか1シグマ割ったあたりから

Sが狙えるかもしれない。

5月17日 やらないという正解。100点

f:id:hamiex:20210518005323p:plain

f:id:hamiex:20210518005339p:plain

上5分足22時まで

下5分足その後の展開

 

本日は変な気分だった。

焦りの様な高揚感がない一日。

 

18時過ぎにチャートを見ると底をついた形。

 

パラボリックに助けられた。

 

オシレーターは買いサインだけれど

チャートは明らかに下。

 

いままではオシレーターを過信しすぎていた。

 

これはどこまで下がるかわからないし、

買いサイン中にチャートの形だけでは売れないし、

本日はやらないことにする。

 

22時に再度、底ついたサイン。

これは上がるだろうな、

と思ったけれど

22時は魔の時間。

「上がると思うけどやらない。」ことにする。

 

案の定200p以上上がったのだけど

やらない。

24時過ぎに天井ついた感があったけど、

パラボリックは3つ揃って上。

これは売れない。

 

いままで天底に拘り過ぎていたのが良くわかる。

 

天底はわかってもやらない。

 

本日「分かっていてもあえてやらない、完全ではないから。」を

徹底できた。

 

目標を週単位にしたので余裕が出て来た。

 

この調子で「やらない。」ことを増やしていこう。

5月13日 ★重要★反省 やったらダメな事をやった

f:id:hamiex:20210514035930p:plain

5分足

 

最悪。

家に帰ってきて少しビールを飲んでしまった。

 

夏は誘惑がある。

 

18時過ぎ。

とある人の先出しトレードのブログを読んで

18時頃の半端な位置のストキャサインで

ロングエントリーしてしまった。

 

含み損60pまでいって

なんとかプラ転して、すこし含み益が出たところで

ストップ入れてしまったら

ボラの乱高下で16p無駄な損切。

 

ここからが最悪で反射的にドテンショートしてしまった。

 

そして乱高下レンジで全ロスカット

 

今日は22時ではなく21時30分から乱高下が始まった。

 

ロングを握っていれば問題なかったのに。。。

 

ほんと、やってはいけない事のオンパレードをやってしまった。

 

そもそも、今日はショートを狙って待つべきだった。

 

「自分の軸」

 

一体何をしているのだろう。

 

反省するのも嫌になるので

無かったことにしようとしている自分がいる。

 

週に100p。目標値を下げたばっかりなのに

何もわかっていない。

 

分からないところはやらないことが重要なのだ。。。

 

どうしよう。

このままやっていいのか悩む。

 

4月23日 今日のトレードと来週の展望

f:id:hamiex:20210425015226p:plain

f:id:hamiex:20210425015240p:plain

f:id:hamiex:20210425015255p:plain

 

23日は久しぶりに100p近く取れた。

損切もしたけれど、2度目の損切は、

早めにショートエントリーして騙しにあったので

騙しかなと思ったけれど両建てして保険で入ったロングを切った。

 

早めに切れて良い判断だったと思う。

 

一度目の損切は夕方、目線がショートだったので

ショートで入れそうなところで入って逆にいかれた。

 

結果。目線は合っていたがエントリーが早かった。

もっと引き付けないといけない。

 

しかし、目線は合っていた。

 

いま、みんなが上目線になっているけれど

来週は下がると思う。

日足も四時間足もオーバーシュートするとしても

そんなには上げられない形になっている。

 

エリオットが勝つか

オシレーターが勝つか。

 

それから、今回の損切を反省して

引き付けることを意識してチャートを見ていると

見えて来た事がある。

1か月分検証したら

9割くらいはイケている。

損切をちゃんとすれば

良いことなので

 

そもそも二回目の両建てで難を逃れた場面も

一回損切して入りなおしても勝てていた。

 

損切してすぐにドテンせずに冷静になればいいだけなのだ。

 

*引き付ける。

*25pくらいで損切りしてもそんなに問題ではないので

損切を選ぶ。

 

久しぶりに夕方の時間で損切があった。

 

それからNY時間についてだけど、

きちんと引き付ければボラはあるけど

そんなに負けないように思う。

 

一番美味しいところだからできればやりたい。

 

来月はエントリーは月10回くらいに抑えることを目標にしようと思う。

 

このまま乗り越えられれば初めて月プラスになるので

気を抜かないようにしないと。

 

いつもドカンでやられてきたから。

 

ここで耐えれば夢の成長曲線になるので頑張ろう。